社会保険労務士講座 - おすすめの資格講座・スクール情報 - ケイコとマナブ・グースクール・ユーキャン・TAC・大原・ニチイ・ヒューマンアカデミー他、全国のスクールに資料請求できます。

社会保険労務士(社労士)の講座・スクール・学校

社会保険労務士(社労士)は人事総務の職種で人気NO.1!

社会保険労務士は合格者の53.3%(25年度試験)が会社員です。人事・労務問題のコンサルティングに役立つので、人事総務で取得する人が多いです。女性合格者比率が35.7%(25年度試験)となっており、女性にも人気の資格。長く働きたい人にもおすすめです。

社会保険労務士(社労士)の合格率と試験 社会保険労務士(社労士)の魅力と仕事 無料の資料請求へ

確実合格の秘訣は、自分に合ったスクール選び。

社会保険労務士(社労士)の合格率と試験について

合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 44,546名 4,156名 9.3%
平成25年度 49,292名 2,666名 5.4%
平成24年度 51,960名 3,650名 7.0%

平均学習時間

宅建に合格する
毎日2.5時間の学習で、5ヶ月~7ヶ月

試験日程

試験日程

試験内容

受験資格 ・大学の一般教養科目の修了者、短大・高等専門学校の卒業者、または、同等以上の資格を保持している人。
・国、地方公共団体、特定独立行政法人などで職員として行政事務に従事、または、社会保険労務士や弁護士の補助の事務に従事、労働組合や法人の役員として労務に従事、労働組合の職員や法人の従業者として厚生労働省令の定める事務に従事した期間が三年以上になる人。
・行政書士、司法試験第一次試験、高等試験予備試験合格者。
・その他、社会保険労務士法第8条の受験資格にて規定されている人。
試験会場 全国各地の指定会場
試験科目 労働関連の法令(択一式30問)、社会保険関連の法令(択一式30問)、一般常識(択一式10問)
受験手数料 9,000円

無料の資料請求へ

社会保険労務士(社労士)の魅力と仕事

社会保険労務士(社労士)の注目ポイント

労働環境の多様化   法律系・金融系の資格との高い相性
同一企業内で雇用条件の異なる従業員が混在する状況は拡大する一方です。そのため、人事・労務分野におけるコンサルティングの重要性が増しています。また、高齢化社会の到来によって、年金など社会保険に対する人々の関心も高く、この分野でも専門家の活躍が求められています。
 
独立・開業を目指す場合、司法書士や行政書士などの法律系資格も一緒に取得することで、企業に対するきめ細やかなコンサルティングが可能になります。ファイナンシャルプランナーなど金融系の資格を合わせて取得すれば、個人向けのライフプランニング業務を強化することもできます。

社会保険労務士(社労士)の仕事

社会保険労務士は、労働・社会保険のプロフェッショナルとして、企業の人事・労務のコンサルティングや個人の年金相談に応じます。働き方の多様化による企業の人事・労務分野における業務の煩雑化や、個人の年金や社会保険に対する関心の高まりなど、労働・社会保険の専門家である社会保険労務士の活躍するフィールドは年々広がり続けています。

社会保険労務士(社労士)の仕事 社会保険労務士(社労士)を取得しよう