行政書士講座 - おすすめの資格講座・スクール情報 - ケイコとマナブ・グースクール・ユーキャン・TAC・大原・ニチイ・ヒューマンアカデミー他、全国のスクールに資料請求できます。

行政書士の講座・スクール・学校

行政書士ってどんな資格?

行政書士の主な仕事は、許可申請や会社設立などの官公署へ提出する書類の作成や代理といった業務です。行政書士は行政関連事務が複雑化するなかで、相談業務も行うなどの社会的ニーズと、その将来性が注目されています。

行政書士の魅力と仕事 行政書士の試験 無料の資料請求へ

確実合格の秘訣は、自分に合ったスクール選び。

行政書士の試験について

試験日程

行政書士に合格する
試験日程

平均学習時間

毎日2.5時間の学習で、5ヶ月~10ヶ月

試験内容

受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます
試験会場 全国各地の指定会場
試験科目 1)行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、平成22年4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
2)行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
受験手数料 7,000円

合格率

 
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 48,869名 4,043名 8.3%
平成25年度 55,436名 5,597名 10.1%

行政書士の魅力と仕事

行政書士をおすすめする4つのポイント

行政書士事務所の法人化で規模の拡大も   女性や高齢者の独立・開業にもマッチ
経営基盤の強化が見込める行政書士法人の設立が可能です。複数の行政書士が共同して業務を遂行し、幅広い分野を網羅するワンストップサービスの提供が可能になります。
 
設備投資も少額で済み、自宅開業も可能で、女性の独立・開業にも適しています。司法書士などの法律系の資格、FPなどの金融系の資格を合わせて取得して、業務強化することもできます。
資格取得の第1歩   公務員試験の準備に
行政書士の学習内容は広範囲です。他の資格試験の基礎となる科目も多くあり、何か身につけたいと考える学生向におすすめできる資格です。就活の際にも武器になること間違いなしです。
 
公務員試験と学習分野の重なりが多いです。国家 II 種・地方上級等は行政書士試験よりも内容が難しい為、まず基礎として行政書士の勉強をすることをおすすめしています。

行政書士の仕事

法律に関する広範な知識を活かして、許認可の代行だけでなく各種書類の作成やさまざまな相談にも対応しています。企業の業務や個人のライフスタイルの多様化に伴い、法律の専門家に対するニーズも高度になっています。依頼された書類の作成だけではなく、許認可手続きや権利関係、事実証明に関するコンサルティングへと業務も広がっています。

行政書士の仕事 行政書士になろう
STEP1
通信スクールまたは、通学のエリアを選択します