宅建講座 - おすすめの資格講座・スクール情報 - ケイコとマナブ・グースクール・ユーキャン・TAC・大原・ニチイ・ヒューマンアカデミー他、全国のスクールに資料請求できます。

宅建(宅地建物取引士)の講座・スクール・教室検索

宅地建物取引士は、宅地や建物の売買、交換又は貸借の
契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者。
この不動産資格・通称「宅建」は、不動産業界では必要不可欠な資格で、
毎年の受験者数は20万人を超え、国家資格の中でも最大規模の人気資格。
まずは無料の資料請求から始めよう!

宅建(宅地建物取引士)は人気No.1の国家資格

宅建は、毎年の受験申込者数が20万人を超える人気の高い国家資格です。評価・需要の高い国家資格でありながら、年齢や学歴に関係なく、誰でも受験可能です。平成25年度の合格率は15.3%と、とても難しい試験ですので、しっかりと受験対策をしましょう。

宅建の合格率と試験 宅建の仕事と魅力 無料の資料請求へ

確実合格の秘訣は、自分に合ったスクール選び。

宅建の合格率と試験について

合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 192,029名 33,670名 17.5%
平成25年度 186,304名 28,470名 15.3%
平成24年度 191,169名 32,000名 16.7%

平均学習時間

宅建に合格する
毎日2.5時間の学習で、5ヶ月~7ヶ月

試験日程

試験日程

試験内容

受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます
試験会場 全国各地の指定会場
試験科目 宅地建物取引業(不動産業)に関する実用的な知識の保持を判定することが基準となっています。主に下記項目から出題されます。 ・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別。
・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令。
・土地及び建物についての法令上の制限。
・宅地及び建物についての税に関する法令。
・宅地及び建物の需給に関する法令及び実務。
・宅地及び建物の価格の評定。
・宅地建物取引業法及び同法の関係法令。
試験はマークシートによる「四肢択一(四つの選択肢の中からふさわしいものを選ぶ)式50問」で実施。※平成22年度の場合
合格基準 50問中33問以上正解で合格。※平成25年度の場合
受験手数料 7,000円(別途事務手数料254円を払い込む必要有り)

無料の資料請求へ

宅建の仕事と仕事

宅地建物取引士の仕事

アパートを借りたり、家を買ったりといった不動産取引にはさまざまな専門知識が必要であり、契約内容も煩雑です。そこで宅建士は、宅地や建物に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で健全な取引実現へと導いていくための仕事をします。

重要事項の説明   重要事項説明書への記名・押印
不動産取引では多くの金銭が動きます。宅地建物取引士はトラブルを回避する為、契約前に必ずその物件に関する重要な情報を説明します。具体的には名義人の説明や、物件の電気・ガス等の整備状況の説明、契約解除についての説明等です。
 
宅地建物取引士は、お客様(買主または借主)に重要事項の説明をする為に重要事項を記した書面(重要事項説明書面)を作成します。また、責任の所在を明確にするため、宅地建物取引士自ら、記名・押印する必要があります。
契約後交付すべき書面への記名・押印   宅地建物取引士の設置義務
重要事項の説明を行い、お客様(買主または借主)が内容に同意すれば契約となります。宅地建物取引士は契約書を作成し、契約内容を確認し、責任を明らかにするため記名・押印します。
 
宅建業法で「事務所については、業務に従事する者の5名に1名以上」「案内所等については、1名以上」の割合で専任(常勤)の宅建士を置くことが義務づけられています。
宅建資格保有者がいないと、宅地建物取引業は成り立たない仕組みになっています。

宅地建物取引士の魅力

宅建は不動産業・ハウスメーカーで働く方にとって、必須資格ですが、実際は合格者の約65%がそれ以外の方で占められています。
さまざまな場面で活躍できる宅建資格は、今後ますます業界の枠を超えて必要とされる場が広がっていくことでしょう。

不動産業に不可欠な存在   建築・金融業におけるニーズも高い
一般的に不動産会社と呼ばれている宅地建物取引業者は、事務所内の従業者5人に対して1名、宅地建物取引士を配置することを義務付けられています。
 
宅建は、住宅を建設する建設会社や、住宅ローンの貸し出し業務を行っている金融機関でもニーズの高い資格です。これらの業種への就職や転職、また、さらなるキャリアアップを目指している人にとっては、ぜひ取得しておきたい資格の一つだと言えます。
独立・開業を目指すことも可能   プライベートでも知識が役立つ
宅建は起業を目指す人にとっても魅力的な資格です。不動産業は物件を所有していなくても参入できるため、多額の資金を必要としないで独立・開業できる業種の一つです。生活必需品である住居の需要は、トレンドによる増減はあってもゼロになることはないでしょう。
 
不動産に関する知識を持っていることは、プライベートにおいても役立ちます。自分で住居を購入・賃貸する場合にトラブルが発生すると、対応する時間・費用は大きなものに。トラブルを予防し、発生した際、適切に対処するためにも、資格取得することは有効です。

無料の資料請求へ

STEP1
通信スクールまたは、通学のエリアを選択します
STEP2
スクール一覧から資料請求したいスクールにチェック