日本語教師養成講座 - おすすめの資格講座・スクール情報 - ケイコとマナブ・グースクール・ユーキャン・TAC・大原・ニチイ・ヒューマンアカデミー他、全国のスクールに資料請求できます。

日本語教師になるには?

日本語教師には教員免許がありません。そのため、日本語学校に採用されれば日本語教師となることができます。しかし、日本語学校は厳しい採用条件を設けている場合が多く、実際に採用されるためには、以下の3つの条件のうち、最低1つを満たしていることが基準となります。

  1. 文化庁指針の日本語教師養成講座 420時間のカリキュラムを修了する。
  2. 日本語教育能力検定試験に合格する。
  3. 大学で日本語教育の主専攻または副専攻を卒業する。

スクール選びはココをチェック

【確実に日本語教師になりたい人】

「通学講座」の「日本語教師養成講座(420時間)」がオススメ!

日本語教師の採用条件として、試験合格者よりも養成講座修了者の方が優遇される場合が多いと言われています。もちろん、両方の条件を満たしていることが好ましいですが、420時間のカリキュラムを修了していることで、「実際の教え方を学んだ人」として、評価されることが多いようです。

【仕事をしながら日本語教師を目指したい人】

【過去に教員経験や海外ボランティア経験がある人】

「通信講座」か、「検定試験対策の講座」がオススメ!

自分のスケジュールに合わせて学習を進めることができ、さらに費用も抑えられるのがメリット。また、分からないところは、メールなどで質問ができるなど、サポート制度が充実しているスクールもあるので、初学者でも安心!

STEP1
通信スクールまたは、通学のエリアを選択します
STEP2
スクール一覧から資料請求したいスクールにチェック