司法書士の習い事・講座・スクールを探す

司法書士とは

司法書士とは、登記・供託手続の代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成など法律事務の国家資格です。法務が複雑化する中、社会的ニーズと将来性が注目されています。司法書士講座では基本知識から専門スキルまで学ぶことができます。まずは無料の資料請求から始めよう!

難易度
難易度5
資格名・試験名 司法書士
試験合格率 3.8%(平成25年度)
平均的な受講期間 24ヶ月程度
男女比 男性が多い

<%= _categorysName %>を通信講座または都道府県から講座を探す

司法書士の

掲載講座数226

司法書士について確認しよう

司法書士の業務
・登記業務
登記とは、ある事柄を一般に公示するため、公簿に記載又は記録することをいいます。司法書士に関係する登記制度は、おもに不動産登記・商業登記などです。

・供託業務
司法書士の業務の一つに、供託手続の代理があります。供託とは、法律の規定により、金銭や有価証券などの財産を供託所(法務局等)に預け、それを特定の相手に受け取らせることにより、いろいろな法律上の効果を生じさせようとものとするものです。

・法律相談業務
相続財産争い、クレジットカード・サラ金問題、民事介入暴力など、身近な法的トラブルについて、相談に乗って、解決策をアドバイスします。また、民事法律扶助として無料で相談を受けることもあります。

・成年後見業務
高齢化社会が進む中、成年後見制度が平成12年よりスタートしました。この制度は、認知症や精神障害などの理由により自分の財産管理や入所施設との契約締結などを自分で行うことが難しい方について保護・支援する制度です。
司法書士の魅力について
1.独立開業・安定性
司法書士は独立開業しやすい職業で、生涯現役でいることができます。また世の中の景気にかかわらず、登記業務など需要が安定しているため、業務が軌道にのれば、安定した収入を得ることができます。日本司法書士会連合会によると司法書士事務所の平均年間報酬総額は、1400万円です。これは司法書士に対する高い評価の表れといえるでしょう。

2.女性も活躍!
司法書士は性別に関係なく活躍でき、独立開業も可能な職業なので出産、育児との両立も可能です。

3.身近な法律家
司法過疎とは、法律家が極端に少ない地域があり、何かトラブルが起きたときに法律家への相談や依頼が困難な状況をいいます。弁護士は三大都市圏および大都市に約66%が集中しているのに対し、司法書士は全国各地に分散しています。司法書士は、地域の市民の頼れる法律家として、活躍の場は広がっています。

4.社会貢献
日本司法書士会連合会が活動主体となり、学校で中高生を対象に法律教室や裁判ウォッチングを開催したり、公民館で一般市民を対象に法律講座を開催したりしています。また、地震や台風の自然災害後、倒壊した家の権利関係など、被災者がかかえる法的トラブルを解決するための相談活動を行っています。このように司法書士は、社会貢献度の高い、とてもやりがいのある職業です。